【損失→回復!】WealthNavi(ウェルスナビ)をレビュー【実績も公開】

副業 投資

ウェルスナビが気になる人

ウェルスナビに興味がある30代男性「ウェルスナビって実際にどうなの?ぶっちゃけ儲かる?」

こんにちは、マストモです!

今日はウェルスナビについて。

僕は1年3ヶ月ぐらい毎月積み立てていまして、
それなりに利益が出ています。
なので、ぶっちゃけウェルスナビはおすすめです。

ウェルスナビの口座開設はこちらから!!
WealthNavi

本記事の内容

【初めは損失】ウェルスナビでの運用実績

【長期・積み立て・分散が最強】ウェルスナビの僕の積み立て設定

ウェルスナビのメリットとデメリット

ウェルスナビの開始手順【マジ簡単】

【初めは損失】WealthNavi(ウェルスナビ)での運用実績

では早速、運用実績からおみせします(`_´)ゞ

運用実績:2018年10月〜2020年1月

Image from Gyazo

はい、ご覧の通りです。

グニャグニャした青い線が評価額で、利益を含めた資産総額ですね。
薄い水色の階段に見えるのが積立金額ですね。毎月決まったタイミングで積み立てているので階段上になります。
緑の点は資産などの買い増したタイミングを示しています。

コロナショックでマイナスに!!(追記:2020年3月14日)

コロナショックの影響で、世界的な株安となっています。例に違わず僕のウェルスナビもマイナスになりました。
詳しくはこちらの記事にまとめました。

参考記事

【今が始め時?】WealthNavi(ウェルスナビ )の積立始め時問題

WealthNavi(ウェルスナビ)レビュー【1年3ヶ月使った振り返り】

今日2020年1月28日時点で日本円+9.77%の含み益となっていますから、かなり優秀かと思います。
何もしてないのにちゃんと増えてるんですから、控えめに言って神ですよね。ぼく個人が運用してもそうはいかなかったと思います。

運用開始当初、2018年10月から2019年2月くらいまではプラスとマイナスを行き来して推移しました。
特に2018年12月頃は株価の急落もあり、-9%ぐらいまで行きましたが、その後も変わらず積み立て続けました。
2019年5月から10月までは資金に余裕があったこともあり、1万円を月2回積み立てていました。
その後は大きな低下もなく進み、順調に上がり続けている、という状況です。

【長期・積み立て・分散が最強】WealthNavi(ウェルスナビ)の僕の積み立て設定

やはり、ウェルスナビをやるなら長期・積立がポイントです。これに関しては、要はウェルスナビで積み立て設定をして、ほっとけばOKです。簡単すぎますね。

また、分散も大事なポイント。
投資をする時に必須なのはやはりリスク管理です。
リスク管理の格言っていうのもありまして、

「卵は1つのカゴに盛るな」

つまり、卵を一つカゴにもると、カゴを落とした時に全部の卵が割れてしまうかもしれない。しかし、籠をいくつかに分けておけば、どっちかがダメになってしまっても全部の卵は割れずに済む、という教えですね。

この考え方から、投資する銘柄を複数作ったり、異なる性質の投資商品を買ったりしてリスクを管理します。日本株だけじゃなくて外国株も持つとか、株だけじゃなくて、不動産や金などにも投資しておく、とかが分散です。

その点、ウェルスナビは世界の株や債券、金にも分散して投資しているので、安心ですね。下の画像は僕のポートフォリオですが、ご覧の通り、米国株、日欧株、新興国株、米国債券、金、不動産、現金に分散されていますね。

Image from Gyazo

また、投資は時間も分散させることができます。
投資予定金額100万円があったときに、一度に100万円分使うのではなく、時間をずらして10回にわけるんです。これをドル・コスト平均法と言います。

ドル・コスト平均法(英: dollar cost averaging、DCA)とは、株式や投資信託などの金融商品の投資手法の一つ。定額購入法ともいう。金融商品を購入する場合、一度に購入せず、資金を分割して均等額ずつ定期的に継続して投資する。例えば「予定資金を12分割して、月末ごとに資金の1/12を投入し、一年かけて全量を買う」という手法。–ウィキペディアより引用

また、この【長期・積み立て・分散】についてはウェルスナビCEOの本が出ているのでチェックしておくのがおすすめです。CEOが考えていることは間違いなくサービスに反映されるので、ウェルスナビを攻略するには必須書籍です。投資初心者が読んでも読める様に簡単な言葉で書かれているので、超絶オススメです。なぜ【長期・積み立て・分散】なのかってところも詳しく解説してあり、ウェルスナビをやらなくても読む価値のある一冊です。


僕の積み立て設定

ウェルスナビでは投資の目的などに合わせて積立金とリスク許容度が設定できます。
いくつかの質問に答えるだけで何が最適か診断してくれますので、一度お試しを。
メールアドレスなどの登録なしですぐにできます。

ぼくの設定

毎月1回1万円
リスク許容度5

まだ30代で、時間を使えるのでリスク5で最高にしています。

また積立はなるべく回数を多くした方がいいです。理由は先ほどから述べている通りです。【長期・積み立て】になる様に設定しています。

WealthNavi(ウェルスナビ)のメリットとデメリット

では続いてメリットとデメリットを考えてみましょう。

メリット

・完全自動売買なのでとにかく楽。放置でOK
・完全に自動で世界に分散投資してくれる【リスク管理もお任せ】
・割引特典や、マイルがたまる

デメリット

・特に最初は損する可能性がある
・手数料1%とちょっと高め
・含み益が出始めると崩しにくい笑

ただちょっと年間の取引額など見返したら、
分配金で手数料以上の収益がありました。これは推測ですが、分配金で手数料が稼げるようなポートフォリオになっているのかも。

メリット①完全自動売買なのでとにかく楽。放置でOK

開始手続きさえ終わってしまえば、基本放置でOKなので運用が楽ですね。
ぼくはこのほかに株式投資とかもやっていますが、毎日株価をチェックしたり、売買の判断をするのってやっぱり手間なんですよね。うまく波に乗って儲けているときは楽しいですが、そこはやっぱり人間なんで、損が出ているときは辛いです。
しかしウェルスナビなら、完全自動なので、そう言ったメンタル的な問題は生まれにくいです。

メリット②完全に自動で世界に分散投資してくれる【リスク管理もお任せ】

先ほど、リスク管理についてお話ししましたが、やはり分散するのは大事です。何度も言いますが大事なんです。
しかし、分散するにはそれなりに資金が必要になります。数百万ですね。

その点、ウェルスナビは10万円から始められて、世界に分散してくれます。少ない資金でも富裕層がやっている投資方法が始められるんですから、すごいサービスだと思います。

メリット③割引特典や、マイルがたまる

資産運用を長く続けるほおどお得になる「長期割」があったり、
JALやANAのマイル、TOKYU POINTのポイントが貯められます。ポイントで手数料分もらえれば、実質の手数料はかなり少なくなりますね。

デメリット①損する可能性がある【特に最初】

投資の分野で必ずプラスになるというものはあり得ません。
ぼくの実績のところでもそうでしたが、安定的にプラスになってきたのは運用開始から半年以上経ってからでした。ウェルスナビのホームページでCEOの運用実績も公開されていますが、やはり最初はマイナスになっています。

デメリット②手数料1%とちょっと高め

他社と比較してみましょう


ウェルスナビ・・・3000万円まで1%。3000万円を超える部分0.5%(税抜)
THEO・・・利用状況に応じて1.00%~0.65%
楽ラップ・・・固定報酬型0.715% 成功報酬併用型:詳細はHPをご覧ください
マネラップ・・・実質コスト:年間0.925%程度(税抜き)

比べてみると分かる通り、ウェルスナビだけ固定で1%は一番高いですね。
同じくらいの運用実績なら、手数料は低い方がいいですが……

デメリット③含み益が出始めると崩しにくい笑

これは個人的なものですが、やっぱりプラスになってくると見ていて嬉しいんですよね。だからそこから引き出すのは嫌だというか、せっかくならずっとプラスでいて欲しい。
そんな心理的なことでプラスになっていると崩しにくいです。

ただ、出金サイクルはとても早く、引出したいときはすぐに引き出せます。
出金指示を出してその日に保有資産の売却が実行され、出金手続きになるようです。
明記はされていませんが、2〜3営業日程度で手元に振り込まれると思います。

ウェルスナビ「よくある質問」から↓

出金を依頼するといつごろ振り込まれますか?
なお、平日20時以降、または 日本の休日や米国市場の休場日 に出金依頼された場合は、翌営業日に売却されます。実際の出金予定日は出金手続きの画面でご確認ください。

WealthNavi(ウェルスナビ)の開始手順

開始手順

・運用プランを無料診断(1分)
・口座開設の申し込み(3分)
・入院して運用がスタート

・運用プランを無料診断(1分)
→6つの質問に回答すると診断結果が出てきます。
こんな感じですね。
Image from Gyazo

・口座開設の申し込み(3分)
→メールアドレスを登録して、免許証やマイナンバーカードなどの本人確認書類の提出をします。提出もスマホで完結します。

・入金して資産運用がスタート
→後日、簡易書留が届くので、それでログインをし、入金が完了したら運用開始となります。

ウェルスナビの開始手続きは以上です。
スマホで完結できるので簡単ですね。
初回パスワードを書留で受け取らないといけないのがちょっと面倒なくらい。
まずは1分で運用プランを診断するところから始めちゃいましょう。

資産運用で成果を出すには時間がかかります。というか、時間をかければかけるほど、有利になります。まだ時間のある若いうちに少しでも初めておきましょう! 銀行に預けておくよりはマシな結果になるはずです。

ウェルスナビのトップページを開く

今日はウェルスナビについてレビューしてみました。
ここまで放置で稼いでくれるものはなかなかないです。始めるなら早いうちにどうぞ!

WealthNavi