【薬剤師の転職】志望動機は5つの質問に答えればOK(個人薬局の採用担当がお答えします)

薬剤師 転職

転職活動中 スズキくん「今度面接があるんだけど、志望動機って何書いていいのかわかんないよ〜。教えて〜」

この記事では、薬剤師が転職の際に必要となる志望動機の書き方をお教えします。

この記事を読みながら質問に答えていくだけで、
あなたらしい志望動機を書くことができ、志望した会社に入れる確率が上がります。

  • あなたらしい志望動機が書けるようになる
  • 志望動機を書くのに必要な質問5つ
  • 採用の現実

先に、例文を載せておきます。

薬物治療に貢献したいと思い、薬学の道を志し、前職では管理薬剤師として薬局全般の管理や業務改善を重ね、地域医療に貢献してきました。
今回、さらに自分の知見を広げ、在宅医療やかかりつけ薬剤師としてキャリアアップしたく、転職を決意いたしました。
御社のHPを拝見したところ、地域に根ざした経営方針に共感したため志望いたしました。御社に入職した際は、
前職の管理薬剤師経験も活かし、御社の発展に貢献できるものと考えております。

本記事の内容

  • 志望動機を作るには5つ質問に答えて書くだけです
  • 採用側はあなたを雇う理由が欲しい
  • 志望動機は武器になる

志望動機を作るには5つ質問に答えて書くだけです

今まで採用の仕事を見てきた経験から、必要なのはこの5つの質問だけです。
なぜそう言い切るのかは後述します。

さて、志望動機を書くときは以下の5つの質問に答えて、それぞれをそれなりの文章に仕上げれば完成です。
正直なところ、多少、文章として不自然な感じがあっても誤解を与えるほどでなければ問題ないと思います。
何度か読み直したり、誰か別の人に読んでもらって、矛盾していることがないか、不自然なところはないかだけ見てもらえれば十分です。

必要な質問

  1. 薬剤師を目指した理由は?
  2. 前職ではどんな仕事をしていましたか?どんな分野・業務で特に貢献してきましたか?
  3. 転職する理由は何ですか?
  4. この会社を選んだ理由はなんですか?
  5. 入職後はどんな部分で貢献できそうですか?

どうですか? 答えられそうですか?

採用する側として欲しい情報はこの3つです。

  • 過去の実績や経験
  • あなたの価値観や将来の展望
  • あなたを採用するメリット

この3つを志望動機に過去→現在→未来と書いていけば大丈夫です。

ちょっと答えにくいこともあると思うので具体例も交えながら解説します。

薬剤師を目指した理由は?

あなたの価値観について書きましょう。
ただ、「母親に資格職業がいいと言われたから」というのはダメです。正直すぎます。
前職をやっている中で、やりがいを感じたときとか、感謝された時のことを思い出して、その経験から感じることを理由としてもいいでしょう。

具体例

医師とともに薬物治療に貢献したい。

幼少期の経験から、私と同じように薬に苦労している子供達を救いたい。

前職ではどんな仕事をしていましたか?どんな分野・業務で特に貢献してきましたか?

ここは本当のことを書けばOKです。
嘘は絶対ダメです。
採用側としては、「前職でやってきたこと」=「今、できること」なので、面接中の質問や、入職してからの仕事っぷりですぐにバレます。
嘘はコスパ悪いですよ。
もし、客観的な数字が出せるのであれば、出しましょう。数字は強力な武器になります。

具体例

管理薬剤師として薬局管理や、業務改善に貢献し、薬局全体の残業時間を20%減らしました。

在宅担当として、多い時で同時に20件抱え、地域に貢献しました。

転職する理由は何ですか?

ここはなるべくポシティブな内容にしましょう。
「結婚を機に」「夫の転勤を機に」というのも悪くはないですが、志望動機に盛り込む内容ではないと思います。もし面接で聞かれた時に追加情報として答えれば良いです。

具体例

在宅医療を経験してスキルアップしたいため。

他の診療科目を学びたいため。

この会社を選んだ理由はなんですか?

同じような条件の他社と比較したうえで書くようにしましょう。少なくとも立地や福利厚生を理由にはしない方がいいです。より好条件な職場があったら辞めるんだろうと思われ、他の求職者より不利になる可能性があります。
なので、HPなどから調べて、力を入れているポイント、今後の経営方針、目標などと絡めて答えられると最高です。ただ、中小企業や個人薬局だとそこまでHPをタイムリーに更新してない可能性が高いので、そういう時は転職エージェントから情報を探るしかないですね。

転職サービスで有名どころに何箇所か登録しておけば、
あなたにあった情報を集めてきてくれるので登録しておくと便利です。

具体例

御社のHPを拝見し、地域の薬局としてかかりつけや在宅医療に力を入れている点に大変共感したしました。

入職後はどんな部分で貢献できそうですか?

ここを書くのは案外重要だと思っています。
なぜならこれを書くことで、お互いの共有ゾーンがあって、そこに貢献できるよってアピールになるからです。

面接担当者は、決裁権があるとは限らず、ほとんどの場合、上司に面接での評価を伝え、その上で合否が決まります。
面接担当者=決裁権者とは限らないんですよね。

ですから、どのようにこの会社で働いてもらえるのかを具体的にイメージしてもらい、決裁権者に伝えてもらう必要があります。

しかし悲しいことに、面接担当者にも当たり外れがあり、そこまでうまく伝わるとは限りません。なので、履歴書にしっかり書いておき、確実に決裁権者まで伝わるようにしておきましょう。

具体例

前職での管理薬剤師経験から、御社でも業務改善に貢献できると考えております。

病院で緩和医療に携わってきた経験を活かし、御社での在宅医療に貢献できるものと考えています。

さて、ここまで志望動機を作る質問5つを紹介しました。
振り返ると以下の5つでした。

必要な質問

  1. 薬剤師を目指した理由は?
  2. 前職ではどんな仕事をしていましたか?どんな分野・業務で特に貢献してきましたか?
  3. 転職する理由は何ですか?
  4. この会社を選んだ理由はなんですか?
  5. 入職後はどんな部分で貢献できそうですか?

志望動機を書く目的は、文字として残すこと

繰り返しになりますが、採用の合否は決裁権のある上司です。
上司は、面接担当者から聞く情報と、あなたの書いた履歴書のみで合否を判断する場合が多いです。
つまり、あなたが上司に直接アピールできる場はそこにしかありません。
ですので、自分自身の言葉でしっかりとあなたのことを伝えましょう。

採用側はあなたを雇う理由が欲しい

少し上述しましたが、採用側は、あなたの合否を決めるためには理由が必要です。
「人手不足」「売り手市場」とは言っても、採用には高い費用がかかります。
正社員だと年間500万ほど。
転職エージェントを利用して採用になった場合、さらに手数料が100〜200万かかります。
大企業であればそこまで厳しくしないかもしれませんが、
個人経営の薬局であれば100万は超大金です。
慎重にならざるを得ません。

志望のところに就職したいなら、「御社が私を雇うべき理由」を何個も出しましょう。
その理由があって初めて合否を決めることができます。
この5つの質問は、あなたを雇うべき理由を作り出すためのものです。

私個人の経験から言えるのは、これだけしっかり書いてくる薬剤師はそういません。
しかし採用側としてはこれくらい欲しいのです。
これくらい書いてもらえれば、かなり評価は高いです。
ちょっと苦しいかもしれませんがやり切りましょう。

志望動機は武器になる

採用の合否は総合的に判断するのが普通です。
何人もの人間が一緒に働くことになるので、人柄や企業文化、年齢、職歴など、いろんなことを含めて判断します。
なので、どんなに素晴らしい志望動機を書いても、「人柄が企業文化に合わない」とか「目指す方向性が違う」などの理由で不採用となることもあります。志望動機はあくまでも総合評価の一つに過ぎません。
とは言っても手抜きはダメなんですが、志望動機でマイナスな印象を与えないようにだけはしておきましょう。
ただ、あなたのやる気やポテンシャルを考慮した時に、他のマイナス面をカバーできることもありますので、この5つの質問にはしっかり答えておくべきです。

今回、5つの質問を用意しましたが、ここまでちゃんと考えてアピール出来る薬剤師はそう多くはありません。ですので、しっかりとした答えを見つけて志望動機を書くことで、志望動機は武器になります。
他の求職者より有利になり、希望する転職、キャリアアップを勝ち取って、
ちょっと良い生活を手に入れましょ。