プログラミング学習を挫折しないために必要な3つの事【初心者向け】

プログラミング 副業

こんにちは、マサトモです。

先日このようなツイートをしました。

やり切るのに必要なのは
✅良い仲間
✅すぐ質問できる
✅自走力
の3つです。過去2回挫折した僕でもやり切れました。

僕はTECH::EXPERT
でプログラミングを勉強して、今では、薬剤師の傍ら、個人の開発やブログ運営をやって収益を得ています。今でこそプログラミングをできるようになりましたが、ぶっちゃけると過去に2回ほど挑戦して挫折しています。今日は、そんな挫折経験者である僕が「プログラミング初心者が挫折しないために必要なこと」をお伝えします。

参考記事

【挫折者も】テックエキスパートレビュー【自走力が最重要です】

プログラミング学習で挫折しないために必要なこと

プログラミング学習をやっていく上で必要なのは、最適な環境を作ること。
なぜ学ぶのかとか、目的とか、そういうのはあとでじっくり考えればよくて、まずはやれる環境を整えましょう。結局、そういう環境整備をやらないと、やらない言い訳にするんですよ。僕もそうでした。なので環境整備には先行投資してもいいとおもいます。

【最適な環境設定】プログラミングには環境が重要

先ほどもお話ししたように、プログラミング学習には環境整備が重要です。これは本当に重要ですので繰り返しますね。言い訳できない環境を作りましょう。

ここでのポイントは3つあります。

・プログラミング仲間を作る
・質問できる環境を作る
・学習ハードルをできるだけ下げる

プログラミング仲間を作る

メリット

・1人じゃないと感じられる
・良い刺激になる
・相談できる
・情報がくる

デメリット

・連絡が来過ぎると時間を取られる
・初心者同士では解決できないこともある。

やはり、仲間の存在というのはありがたいです。
プログラミング学習って、基本的に自分でやるものなので、孤独になりがちです。しかしそうするといつかやる意味を見失ったり、張り合いが無くなったりして途中で挫折します。やっぱり辛いんですよ、プログラミングを習得するって。用語は慣れないし、英語ばっかりだし、理解しにくい概念も多いし。ですが、そんな時に仲間に話せば、同じようなことで悩んでいたりして、共感しあう、励まし合うことで、また学習を続けられるようになります。
また、仲間がいると、良い刺激、プレッシャーになります。同じサイトで先に勉強始めたのに、仲間に追い抜かれていた時とか結構焦りますよ。個人的にはこういうのオススメしてます。

仲間の見つけ方

・スクールタイプのサービスをつかう
・ツイッターで探す

Twitterで探すなら、ハッシュタグをつけて呟けばたくさん見つかります。特に最近はプログラミングしてますって人が多い気がします。(Twitterのアルゴリズムのせいかもしれませんが)

オススメのハッシュタグ

#プログラミング
#プログラミング初心者
#駆け出しエンジニア
#駆け出しエンジニアと繋がりたい

フリーランスでも、エンジニアとして転職するにしても、人とのコミュニケーションは欠かせません。情報共有したり、自己開示したりして、エンジニア同士、切磋琢磨していきましょう。

分からない時に質問できる環境を作る

プログラミングを始めた時の、用語の意味不明感は半端ない。もう本当にチンプンカンプンですよね。
それを、一つ一つ分からない単語を調べて理解していくことになりますが、結構調べることが多く、それが最初は結構辛いです。もちろん、すぐに人に聞くんじゃなくて、ある程度は自力で調べることが大切なんですが、そこで詰まりすぎても挫折してしまいます。
なので、すぐに聞ける人、メンターを持つのがオススメです

メンターを用意する方法

MENTA・・・現役エンジニアと初学者をマッチングさせるサービス
メンターがいるスクールに入る・・・教室型のスクールにいくと直接教えてくれる人がいます
オンライン質問サービス・・・メンターとは行かないけど、詳しい人が質問に答えてくれます

オンライン質問サービス

教室に通うにしろ、オンラインにしろ、すぐ質問できる環境なのかどうかは入学前に確認しておきましょう絶対に欲しくなります!

学習ハードルを限りなく下げる

ほんと、ちょっとしたことがハードルになったりするので、学習を始める前にできるだけ潰しておきましょう。

ハードルになりそうなこととアドバイス

・他で忙しい・・・・・・・・・・・・・・・・・・優先順位をあげろ
・PCがデスクトップ・・・・・・・・・・・・・mac bookにしろ
・時間取れないかも・・・・・・・・・・・・なぜプログラミングをやろうと思ったのか今一度考え直せ
・家事育児で時間とれない・・・・・・パートナーと事前に話し合っておけ
・彼女や友達からお誘いがある・・・急なお誘いは断れ。予めスケジュールに入れて調整しろ。

僕が挫折した原因を考えた時、PCがデスクトップだったことが大きかった。当時は、デスクトップタイプのmacを持っていました。するとプログラミング学習をするには家てしか出来ません。だから、気分転換にスタバで勉強するとか、机じゃなくてソファで勉強するとかできないですね。仕事前に早く出てスタバでドヤ顔するとかもできないわけです。そして家だと他のことが気になって、ついついあれこれやっちゃう。そして寝る時間が来てしまう。こんなあほなことを繰り返します。なので、PCはノートタイプを用意しましょう。mac book proなら大体問題なしです。

プログラミングには自走力が重要

自走力とは、「自ら走る能力」
プログラミングで言ったら、エラーが出た時、仮説を立てて自分でググって調べて解決に動ける能力、と言い換えられます。
プログラミングをやっていると、かなり頻繁にエラーが出ます。エラーとの戦いです。正直、それをずっとやっていくのは辛く、根気が必要です。心が折れそうになることが何回もありました。
自走力を鍛えるにはそこで歯を苦縛ってでもやり続けることが必要です。めげずに続けられるかどうかが分かれ目。ここを乗り越えられた人だけが「自走力のあるエンジニア」になれるのです。
そこで大切なのが、仲間と環境です。いい環境で、仲間に支えてもらうことで、エラーでめげそうになったとき続けられるのです。

繰り返しますが、自走力は超重要です。
ここで身につけられれば今後の人生に大きく有利に働くので、身につけておくのがオススメです。

まとめ

プログラミング学習を挫折しないでやりきるには

・仲間を見つける
・環境を整える
・自走力

でした。

これからプログラミングをやるなら、この3つを意識してプログラミングスクールを選ぶと失敗しにくいです。
プログラミングができるようになると、まじで世界が広がります。
最初は辛いですが、やり切って人生を変えましょう
あなたからの良い報告お待ちしています!

挫折しにくいプログラミング学習サービス

TECH::EXPERT

テックエキスパートについてレビューを書きました。
【挫折者も】テックエキスパートレビュー【自走力が最重要です】

TECH::CAMP
DMM WEBCAMP
Tech Boost
DIVE INTO CODE