【最新版】健康・栄養・食事のおすすめ本(#読めよ薬剤師2019)

栄養 薬剤師 薬剤師その他

2019年ももう少し。
今年の本でオススメを紹介します。

以前から薬局で栄養指導という流れもありましたが、
薬剤師も普段の服薬指導で少しでも食事や栄養に関する話をしてもいいと思っています。

なぜなら、薬が効果的に効くためには体の環境、つまりは栄養状態も関係してくるからです。

健康とは薬で作るものではなく、普段の習慣から作られるもの
特に食習慣はかなり影響力があります。

この記事では昨今話題となっている栄養・食事のテーマを中心にご紹介します。

この記事を読めば、患者さんにまた違った価値を提供できるようになりますよ。

  • 果糖中毒
  • 世界最新の太らないカラダ
  • アルツハイマー病 真実と終焉
  • 【番外編】長友佑都の食事革命
  • 【番外編】長友佑都のファットアダプト食事法
  • 【番外編】アンサングシンデレラ

スポンサードサーチ

読めよ薬剤師2019

果糖中毒

糖質がどんだけ悪いのかを教えてくれる。
人はやらない理由があるだけであらゆるものをやめられます。酒もタバコも同じ理論でやめられます。
糖質いっぱいのおかしもやめられるでしょう

トロント最高の医師が教える 世界最新の太らないカラダ

脂質のお話。
全米ベストセラーになっていた本がついに翻訳されました。
以前からこの本をバイブルとしたダイエットのFacebookグループがありました。
ただ脂質を取ればいいという話ではなく、糖質を押さえた上で、脂質中心のPFCにしましょうということです。

アルツハイマー病 真実と終焉

第3の糖尿病とも言われるようになってきた認知症。
脳内の酸化によって糖質代謝がうまくいなかないことから脳内伝達がうまくいかず症状になる。もっと言うと、脳内で糖代謝由来のATPが作れなくなることによって症状が出るんですね。
なのでケトン体をメインで使えるようになれば症状が緩和できます。症状緩和ならケトン体を使えば良く、MCTオイルとかココナッツオイルとか使えばOKです。(個人差があります)

また、この本ではリコード法という治療方法を紹介しています。詳細は本書で確認いただければと思いますが、要は抗酸化、アンチエイジングです。
これらのワードに嫌悪感を抱く人もいると思いますけど、こういう本を読んで一度学んでほしいと思います。

読めよ薬剤師:番外編

長友佑都ファットアダプト食事法

僕がこういう食事法に興味を持ったきっかけは長友選手の本。こういうトップアスリートは体の調子に人の何倍も気を使う。ちょっとした変化にも敏感に気がつくんだそうです。
こうしたトップアスリートが実践してるということでとても興味が湧き、実践もしました。薬は気軽に飲めないですが、食事方法ならいくらでも、試すことができますよね。
ぼくはケトジェニックダイエットをやりましたが、睡眠の質が向上、鼻炎症状の緩和、日中の眠気軽減など効果がありました。
また体脂肪も3%ぐらい減って6%になりました。


長友佑都の食事革命


スポンサードサーチ

【番外編②】アンサングシンデレラ

最近盛り上がりを見せている薬剤師が主人公の漫画『アンサングシンデレラ』
内容もすごーくリアル。
現場の薬剤師なら「そうそうそうそう!!」となること間違いなし。
また、一般の方や、薬学部を目指す人にも、現場を垣間見られるのでオススメです。

そしてなんと、2020年4月からドラマ化!!


人気記事読めよ薬剤師2019

人気記事【本当にやってました】新人薬剤師が身につけるべき勉強法